ホーム > 体験レビュー > Lサイズのフォトブックphotoback「POCKET(ポケット)」をスマホアプリから作成
投稿日: 2015/07/14  更新日: 2015/12/04

Lサイズのフォトブックphotoback「POCKET(ポケット)」をスマホアプリから作成

FukaShirock
このエントリーをはてなブックマークに追加

=========================
アイテム:フォトブック(POCKET L版サイズ)
価格:1,080円(+送料185円)
デバイス:iPhone(アプリ)
=========================

photoback』でLサイズのフォトブックを作成したので紹介させていただきます。

photoback』といえば、私の中では「おしゃれなフォトブックの代名詞」。
なんてったって「おしゃれなフォトブック」ってうたってますから!以前ベビー雑誌の写真整理特集で拝見してから、「なんてかっこよさそうなフォトブックなんだ!」と思っていたのですが、今回ようやく作成したのでレポートしてみます。

バリエーションもたくさんありますが、今回はスマホアプリから作成できるフォトブックを作成しようと思います。
まず、AppStoreから「photoback」を検索してダウンロードして立ち上げます。
アプリは、アンドロイドは対応していないようですね。
商品は、もちろんサイトからも作成できます。

こちらのアプリでは、2種類のアルバムが作成できるようです。
「ALBUM」はCDサイズ、「POCKET」はL版サイズです。
今回は「POCKET」の横型にしてみましょう。

ページ数は16,24,36から選べます。今回は16ページのものを作成。
ページ数を決めたら写真を配置していきます。

1枚ずつ、配置する写真を選んでいきます。
写真の入る部分をタップすると、写真を読み込めます。
写真はカメラロール、カメラ、Instagram、Facebookから選択できるようですね。

表紙でできること
  • ・写真テンプレート変更
  • ・書体変更
  • ・書体の行揃え変更

タイトルを編集しても、このままだと表紙に入っている文字が見えないのですが、「プレビュー」をタップすると、実際にどのようにテキストが入るか表示できました。

本文ページでできること
  • ・テンプレート変更(片面2枚まで/見開きもあり)
  • ・テキスト入力
  • ・テキストの書体・行揃え変更

2枚目以降も同じ要領で、テンプレートを変えながら配置していきます。片面には2枚まで写真が配置できるようです。

ページ左右に配置した画像を入れ替える場合はワンタップでできるのですが、
その他の写真との入れ替えはその都度読み込む必要があるので、それがちょっと面倒かな、とは感じました。

あと、写真の配置を変えるページと、枠の有無を変更するページが別なので、それに何度か手惑いました。
アプリ版とサイトから作るのは手順が違うのかなー。

最後にプレビューを確認、一番最初の画面に戻って、「印刷データを作成」をタップします。

あとは、photobackに会員登録をして注文です。会員登録メールが届くので本登録して、アプリに戻ってログインすると転送が始まります。

転送が終わったら、印刷データを確認注文します。
印刷データの確認は、確認画像をダブルタップすると拡大できるので、文字の間違い等がないかもチェックできて便利ですね。

今回は自宅用なので利用しませんが、ギフトキットも購入できるんですね。プレゼントにぴったり。

配送は、クロネコメール便、クロネコメール便速達、ゆうパック、特急便(クロネコ)から選択できます。
支払いは、クレジットカード(手数料無料)とNP後払い(手数料205円)が利用できます。

出荷予定日は、注文日から1週間後とのこと。
今回の支払いは、1,080円+送料185円で、合計1,265円です。

出荷状況は、ログイン後の注文履歴からもチェックできるとのこと。これは便利ですね。

——

11日後、メール便で届きました。
注文日から丁度1週間に出荷になっていました。
梱包はボール紙でしっかりしてあって綺麗です。

おぉ!パタっと180度開きます!
継ぎ目がないので、見開きの写真も綺麗に見ることができそうですね。

温かみのある特殊紙です。

印刷自体は綺麗なのですが、特殊紙ですので。風合いがある代わりに、容姿のツヤがないためか、ちょっと暗めに見える気がします。
そのため、屋外写真は綺麗にプリントできているのですが、暗くなりがちな屋内写真は全体的にちょっと暗すぎて辛かったです。載せる写真を選ぶかも。

サイズ感。スマホと。

1ページ1ページに厚みがあるので、子供に触らせてもぐしゃっとはなりにくかったです。
ただ、ソフトカバーは子供には扱いにくい様子。
なんども「とれた~」と泣きついてきました。
そもそも、ページ数が16ページと最少なので、カバーがあるフォトブックとしてはちょっと頼りない気もしますね。
マットなカバーなので傷は目立ちやすく、子供に持たせたらすぐに擦り傷だらけに^^;

ちゃんと、カバーの背表紙にもタイトルが入っています。

カバーを取ると、こんな感じ。

サイズが「POCKET」でL版サイズだったので、ページを分割して何枚も載せてしまうと、写真を見る意味ではちょっと小さくなりすぎて少し見づらいですね。かわいらしくはあるのですが、今度このサイズを作るなら、私なら1ページに1枚にするかなぁと思います。

気になっていた「おしゃれさ」は、確かに表紙も中身もフォントが綺麗。
配置もレイアウトが自分好みに選択できてスタイリッシュな感じがします、が、やはり
おしゃれな写真が撮れるかがものを言うよね。
……ということで、フォトブック自体に過剰な期待をするのはやめた方が良さそうです。笑。

シンプルですし、柔らかくて温かみのある雰囲気が好みの方はお好きかもしれませんね。
私は子供(幼児)と一緒にフォトブックを見ることが多いので、ソフトカバーが付いているこちらはまだちょっと我が家には早いかなと思いました。

photobackでは他にも色々なサイズのフォトブックが作成できるので、気になる方はチェックしてみてください!

本当にポケットに入りますよー。
このサイズ感はかわいらしい!

photoback

 

関連記事

photobackが提供する初回無料のおしゃれポストカード「moca(モカ)」

記事が気に入ったらいいねしてね♪

コドモノ!からパパ・ママが喜ぶ情報をお届けします。

新着記事

広告募集中 お気軽にお問い合わせください 詳しくはこちら