ホーム > 体験レビュー > 「nohana<ノハナ>」と比較!写真整理アプリ「Scene<シーン>」フォトブック
投稿日: 2015/09/17  更新日: 2015/11/15

「nohana<ノハナ>」と比較!写真整理アプリ「Scene<シーン>」フォトブック

FukaShirock
サービス:Scene(シーン)
このエントリーをはてなブックマークに追加

===================
アイテム:フォトブック
サービス:Scene<シーン>
価格:16P380円(+送料90円)
デバイス:スマートフォン
===================

撮ったら撮りっぱなしになってしまうことも多いスマートフォンの写真整理。

プリントに出す際も「あの写真どこだっけ?」と迷子になってしまうことがあるのは、筆者だけではないはずです。(多分。) 

そういうときに便利なのが、写真整理アプリ。
ご存知の通り、スマホ内の写真データを日付でソートしたり、カテゴリごとにアルバムを作成できたり、他のユーザーと写真を共有できたりといった機能をもったアプリです。
iPhoneでもAndroidでも、多様な写真整理アプリがリリースされていますね。

人気無料アプリ「Scene<シーン>」も、そんな写真整理アプリのひとつなのですが、7月にフォトブック印刷にも対応したということを聞き、今回早速フォトブックを作成してみました。

 

作り方は簡単です。

まずは「Scene」をスマートフォンにダウンロード。
iPhoneとAndroid、どちらも対応しています。
AppStore
GooglePlay

撮った写真をアルバムに整理します。

アルバムは、新規アルバムを作成して、写真を追加していくだけで簡単にまとめることができます。

アルバムを作成したら、「印刷」をタップしてフォトブックを作成します。

表紙と、ページ内で使用したい写真を選択します。

プレビュー画面の「ページを編集」をタップすると、並べ替えと説明文入力ができます。

 

あとは、保存して注文。支払いはクレジットカードです。
8営業日以内に発送になります。 

料金は以下の通りです。 

サイズ145mm×145mm

料金(各税込)
16ページ/380円
24ページ/490円
32ページ/600円
40ページ/710円
48ページ/820円
送料 90円

 

今回は単純にスマホ内の写真からアルバムを作成しましたが、「Scene」には「Scene Conect」というサービスもあり、こちらはパソコンにソフトをダウンロードすると、デジカメで撮影した写真もスマートフォン用に最適化してくれるというものだそうで、これでコネクトすればデジカメの写真を仕様して、スマホでアルバムを作成してフォトブックをオーダーすることもできます。

→詳細は「Scene」のホームページ

スマホからなら、子供が車の中で寝ちゃった空き時間等を利用してささっとオーダー!なんてこともできるので、とにかく撮りっぱなしの写真をアルバムにしたいという場合にも便利そうです。

  

さて、商品注文後7日後に商品が発送になっており、クロネコDM便で到着しました。
商品をチェックしてみましょう!

 

見る限り、画質は価格相応でしょうか。
写真によって赤かぶりしているように見えたり、白飛びしているように見えたり…。
とりあえずプリントしたい、写真をフォトブックの形で見せたいという用途でなら納得できるかと思います。
もちろん、撮った画像の画素数などにも大きく左右されると思いますが。

実は、注文段階では各ページに文字入れできることに気がつかず…今回作成したものにはコメントが入っていませんが、実際は各写真の下に1行コメント(32文字まで)を入れることができます。 

このフォトブックで特徴的だな!と思ったのが、
どの写真もトリミングなしでそのままのサイズで載せてくれるということ!
例えば同じ横長型の写真。違う比率のものでも、オリジナルの比率のまま載せてくれます。(ちなみに、写真の長辺が短辺より3倍以上長い写真は利用不可)


↑比率の違う横長写真。①の方がより横に長いですが、どちらもそのままの形で表示されています。

多くのフォトブックは縦横スクエア、それぞれ掲載できる写真の比率が決まっていて、その比率に合わせて大きいものは一部トリミングされるものがスタンダードだと思うのですが、これなら撮影するカメラの仕様等を気にしないでまるっと写真を掲載できるので良いですね。

ちなみに、解像度の足りない写真は、写真選択の時点で選択できません。 

綴じ方は無線綴じ。表紙と中ページの用紙の厚さは均一です。
マットコート紙かな?
背表紙にはタイトル印字はありませんでした。

雰囲気は「nohana」のフォトブックを彷彿とさせるので、「nohana」と比較してみます。
表紙フォントも似ているように思えます

 ■サイズ
「Scene」は145mm四方、「nohana」は140mm四方なので、「Scene」の方が少し大きめです。

■用紙と画質
用紙はどちらもあまり差がない紙質のように見えます。
画質も、同じ写真を仕様して作成したわけではないのでなんとも言えませんが、ぱっと見は五分五分の画質です。

ただ、「Scene」は少し白飛びしている(薄黄色のところとかはほぼ白に見える)、「nohana」は全体的に暗めと、プリントの特徴は違います。

■価格
「Scene」…16ページ 380円+送料90円=470円 / 24ページ 490円+送料90円=580円

「nohana」…毎月1冊目 写真20ページ 0円+送料216円=216円 / 2冊目以降 540円+送料216円=716円

1冊目のみで見てみると「Scene」の方が若干割高ですが、メインは写真整理アプリなので、アプリ使用料と考えると違和感のないお値段です。送料が90円というのが助かりますね。
逆に、単純に毎月1冊フォトブックを頼みたいのなら「nohana」。ただし、毎月2冊目以降は「nohana」が割高です。 

ちなみに、「nohana」には有料オプションの「高品質写真仕上げ」がありますが、「Scene」でも印画紙タイプのフォトブックにも近日対応予定だそうで、要注目です!

→「nohana」レビューはこちら

ということで、「nohana」との比較もしてみましたが、そもそも「Scene」は写真整理アプリですので、「nohana」とはまた役割が違いますね。
そしてその写真整理のしやすさは抜群です。
フォトブック機能を外して考えても、他のフォトアイテムを作成したり写真プリントをしたりする際に一度「Scene」を利用して使いたい写真を選別してからアイテムを作成するのも良いなと思いました。

そしてフォトブックもワンコイン以下で作成できるので、整理がてらフォトブックを作成できるのが嬉しいところ。
小さいお出かけごとのプチフォトブックを作ったり、離れた所に暮らす孫の成長記録をお手紙代わりに定期的に祖父母にプレゼントする用途にもぴったりですね。 

「Scene」アプリは無料です!
写真整理でお困りの方、まずはダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

「Scene」

 

サービス:Scene(シーン)

記事が気に入ったらいいねしてね♪

コドモノ!からパパ・ママが喜ぶ情報をお届けします。

新着記事

広告募集中 お気軽にお問い合わせください 詳しくはこちら