ホーム > 体験レビュー > おしゃれ!綺麗!お手軽価格!「vivipri(ビビプリ)」のましかくテンプレートで三拍子揃ったハイクオリティな銀塩フォトブックを作成!
投稿日: 2015/10/24  更新日: 2015/12/05

おしゃれ!綺麗!お手軽価格!「vivipri(ビビプリ)」のましかくテンプレートで三拍子揃ったハイクオリティな銀塩フォトブックを作成!

FukaShirock
このエントリーをはてなブックマークに追加

===================
アイテム:銀塩フォトブック
サービス:vivipri(ビビプリ)
商品名:ましかくテンプレート
価格:1,160円+送料110円
デバイス:パソコン
===================

以前「よろこブック」の銀塩フォトブックを作成してみて、とても画質が良かったので今回は「vivipri(ビビプリ)」の銀塩フォトブックを作成してみたのでご紹介します。
関連記事:プレゼントにも最適なプチプラ!リングタイプがかわいい銀塩フォトブック「よろこブック・クリップ」

なんてったって「vivipri(ビビプリ)」は、以前「Decoダイシ」や写真プリントをオーダーしたときに、とても画質が良かったので期待大です!

vivipri(ビビプリ)のフォトブック作成には「銀塩フォトブックエディター」が必要です。
普段私はMacを使用しているのですが、残念ながらこちらのエディターはダウンロードがIE推奨です。Macに対応してくれたら最高なんですけど、仕方がないのでWindowsパソコンから作業します。

vivipri(ビビプリ)の銀塩フォトブックのページから、作成したいアイテムをクリックすると、フォトブックエディターがダウンロードできます。

今回は以前から気になっていた「ましかくテンプレート」で作成してみます!

こちらの「ましかくテンプレート」はアイテム名の通り「ましかく」の写真をフォトブックにできるテンプレートです。

11×15cm(縦型のみ)16ページ+ハードカバーで1,160円のアイテム。
テンプレートは「Nomal」「Shirofuchi」「Pastel」「Ribbon」「Sashikomi」「Black」6種類から選択できるのですが、どれもテイストが違うのにおしゃれなのがイイ!女子ならきっと好きなアイテムがみつかるんじゃないでしょうか。
しかも写真が1ページ1枚でスクエア型と決まっているので、配置も楽そう。
今回は「Pastel」で作成してみます。

早速画像をアップロードしようと思うのですが、スマートフォンに保存してある写真を使用したいので、
まずはスマートフォンから「vivipri(ビビプリ)」のサイトにアクセス→アプリをダウンロードして、「スマストレージ」を使用して写真をアップロードします。

あとは、パソコン上で入れたい写真をだだだっと選択して「選択した写真をフォトブックに入れる」をクリックすれば、自動で写真を配置してくれます。

テキストを編集。
テキスト編集時に文字拡大ができないので、そこだけがネックかなぁと作成していて思いました。
ちなみに写真が赤みをおびていると警告してくれます。警告されたらツールを使用して色調補正しましょう。

プレビューで確認します。

入力時には潰れてよく見えなかったり文字は、プレビューでよく確認した方が良さそうです。

テンプレートだと、写真の他に背表紙タイトルと最後のページに奥付を入れることができますが、任意の場所にテキストなんかを配置することも可能です。

vivipri(ビビプリ)のフォトブックはイチからオリジナルで作成することももちろん可能なのですが、正直ママは忙しい!だから、フォトブックでもかわいらしいテンプレートがあるものは嬉しいですね。

カートに入れたら、ブラウザに戻って注文を確定させます。

配送はメール便速達(110円)と宅配便(590円)から選べます。
決済方法はクレジットカード、コンビニ後払い(手数料190円)銀行/郵便局振り込みから選択できます。

今回は商品代金1,160円+送料110円=1,270円でした。

翌々日に発送だそうです。早い。

さて、注文後3日後に発送、その2日後に商品が到着しました。

vivipri(ビビプリ)の商品は立派な包装に入っていますね~。
以前「Decoダイシ」をオーダーしたときの梱包と同じものです。
フォトブックはクリアの袋に入ったのものが、不織布の袋に入っていました。プレゼントにも使えそうですね。

商品はこちら!…かわいい!丸角も良い!背表紙にはタイトルが入っています。
正直な感想、かなりびっくりしました。何にって、商品の質の良さにです。

「銀塩フォトブック」ということだったで、もっと普通のL版写真っぽいペタペタした質感のものを勝手に想像していたのですが、全然違いました。

まずは製本から。

プリントした写真と写真を張り合わせる製本方法。かなりしっかりしていて、1枚1枚が厚みがあり、頑丈です。簡単にヘタレそうにはありません。
(表紙部分はは「Decoダイシ」と同じ厚さでした。)

厚さをTOLOTと比較してみました。
やはり、普通の格安系フォトブックとは全然厚さが違います。

素材も「Decoダイシ」と同じかな?表紙は光沢のある特殊紙です。
表紙だけでもかなり画質が良いことがわかります。

中身には、ページの間に1枚1枚紙が挟んであります。くっつかないためかな?
長期保存を見越しての措置でしょうか。

テンプレートの角のカラーは、各ページごとに違います。
このテンプレートは文句なくかわいい!「ましかくプリント」の他のプリントも作ってみたくなっちゃいます。

画質は、細かいところまで繊細に表現できていて、文句無しに綺麗です。

今回フォトブックに配置した写真はInstagramで加工した写真と、普通にiPhoneで撮っただけの写真、どちらも配置しているのですが、Instagramのフィルタの写真がここまで綺麗にプリントされているもの、初めて見ました!
サイトによると、vivipri(ビビプリ)のフォトブックは富士フィルムの純正無光沢紙を使用しているそうです。
指紋もつきにくく、汚れにくそうです。

同じ銀塩フォトブックの「よろこブック・クリップ」と比較してみます。
「よろこブック」も綺麗なのですが、vivipri(ビビプリ)フォトブックの方が繊細なところまでプリントされています。
暗いところ(この写真でいうと車庫の中)もプリントできていますね。

vivipri(ビビプリ)のフォトブックはすべて「100年保存品質」の銀塩写真製本だそうなのですが、これは確かに100年持つかも!?と思えるくらいのしっかりしたものです。
同等の値段とページ数で、もっと画質の低いものも作成したいことがありますので、かなりお得だと思います。
このフォトブックを見た主人(フォトブックの値段とか全然わからん)も、値段を聞いてびっくりしていました。
期待通りというかむしろ、期待以上のアイテムです。

この価格なら日常のちょっと良い写真にも使用できそうですし、もう少し大きめのサイズなら特別な写真にもぴったりです。

あとはmacでも編集できるようになってくれたら尚更嬉しいのですが…!Windowsユーザーさんは間違いなく必見のフォトブックだと思います。
気になった方はvivipri(ビビプリ)をチェックです!

vivipri(ビビプリ)

この記事を書いたクリエイター
FukaShirock

FukaShirock(101記事)

田舎在住、ふたりの女の子のママ。 子供の写真は主にスマホ撮り。 ついった→@fukashirock

このクリエイターの他の記事をみる

記事が気に入ったらいいねしてね♪

コドモノ!からパパ・ママが喜ぶ情報をお届けします。

新着記事

広告募集中 お気軽にお問い合わせください 詳しくはこちら