ホーム > 体験レビュー > スマホから作成できる「Kぴぃデザイン120プラス」の「ノーマル画質」と「高精細写真画質」を比較してみた
投稿日: 2016/03/01

スマホから作成できる「Kぴぃデザイン120プラス」の「ノーマル画質」と「高精細写真画質」を比較してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

フォトブックKぴぃ」のフォトブックを作成してみましたのでご紹介します。

フォトブックKぴぃレビュー 私は始めて作成する「Kぴぃ」ですが、インターネットを見ているとどうやらフォトブックサイトとしては老舗らしく、そのサービスはなんと2004年に開始されたそう!!
2004年って!10年以上前ですよ!!
しかも会社としても創業80余年…かなりの老舗企業さんでいらっしゃいます。

昨年サイトをリニューアルされたようで、名前だけは知っていたのですがこれを機に作成してみました。
パソコン、スマホどちらからも作成が可能なのですが、今回作成するのはスマホ版です!

スマホ版で作成できるアイテムは、大きく分けて2種類。
「Kぴぃデザイン120プラス(高精細写真画質・ノーマル写真画質)」と「糸中綴じスクエア」の3種類です。

フォトブックKぴぃ商品

ここで気になるのが「120プラス」には「高精細写真画質」と「ノーマル写真画質」の2種類があるということ。
お値段はそれぞれ12・24・36・48ページが、「高精細写真画質」は一律1,080円、「ノーマル写真画質」は一律432円と、倍以上違います。
ページ違いで一律料金ってわかりやすい!ということも注目ポイントなのですが、これは画質の違いが知りたいよね!というわけで、今回は2種類共オーダーしてみることにしました。

まずはサイトにアクセス。「高精細印刷のフォトブックをつくる」をタップします。
続いてアカウントを作成してログインします。

Kぴぃ作成画面

ログインしたら、画像を追加します。
Kぴぃ作成画面スマホ本体の他にも、Facebook、Instagram、Flickrともコネクトして写真を選択できるようです。

写真が読み込まれました!
ページをタップすると、メニューが出てきました。
・テキスト編集
・画像を変更
・クロップ(切り抜き)
・画像を消去
・背景を変更
Kぴぃ作成画面

へー!背景色が変更できるのか!
どうやら、50色の中からページの背景色が選択できるようです。これだけあると迷うなぁ。
選んだ背景色によって随分と雰囲気が変わりそうです。
ちなみに背景色は、1色選ぶと全ページの背景色が変更されるそう。

テキストのフォントも18種類から選べます。
ちなみに今回は「あくあフォント」にしてみました。
拡大ができないので見えにくいのですが、フォントを変えるとなんとなくテキストが変わるのがわかります。
Kぴぃ作成画面

ちなみに画面の「画像」のところをタップすると、写真の並び替えも可能です。
Kぴぃ作成画面

それぞれのページにテキストを入れていきます。
ちなみに上のフロッピーマークをタップすると保存ができるので、まめに保存しておきましょう。
目のマークをタップするとプレビューです。

終わったらカートに入れます。
ちなみに自動補正のオプションがあったのでチェックしてみました。
Kぴぃ作成画面

カートに入れようとすると、テキストを入れていないページがある旨の注意が出てきたのでそのまま進めようとしたら、「プロジェクトは高品質に印刷できない可能性のあるアイテムを含みます」と出てきたので、もしかして画像サイズが小さい!?と思ったのですが、テキストを全ページ入れたら注意は出なくなりました。

住所を入力して注文へ。
ここでは表紙が「グリーン」になっていますが、「オプションと追加料金」をタップ→「変更」をタップすると、表紙が9種類から選べます。
Kぴぃ作成画面 今回は「カラフル」にします。

配送方法は、メール便、宅配便から選択。
支払い方法は、クレジットカードとコンビニ後払い(手数料190円)、更に宅配便の場合は代引き(手数料300円)から選択できます。

同様にノーマル画質の方も注文して、商品代金はそれぞれ以下の通りでした。
まとめて注文はできないみたいだったので、それぞれ決済しました。

ちなみに注文した商品はマイページから複製して再編集できるのですが、別商品への移行はできません。
ただし、一度作成のためにアップロードした画像は再利用できるので、今回は「ノーマル」を作成するにあたり、「写真画質」で使った写真を画像選択の際に「既存のプロジェクト…」から再配置して作成しました。

料金は以下の通り。

「高精細写真画質」→1,000円+メール便配送料100円+消費税=1,188円
「ノーマル」→500円メール便送料+100円+消費税=540円

 

商品注文後、「ノーマル写真画質」は3日後、「高精細写真画質」は8日後の到着でした。
ちなみに通常納期は「ノーマル」は2営業日後、「高精細」は4営業日後だそうです。
配達の都合もあるので土日を挟んだりすると前後すると思いますが、今回「ノーマル」の方は県内だったこともあるのか、随分早く届きました。
配送はクロネコDM便です。
Kぴぃ商品到着

封筒は普通の封筒ですが、厚紙が入ってるので折れ曲がる心配はありません。
ビニール包装ではないので、ポストが雨に濡れるところにある場合は要注意です。

商品チェック!
サイズはタテ120×ヨコ120mmの正方形。
iPhone5cのケースと並べてみました。
Kぴぃサイズ

厚さ。ちなみに今回は最低枚数の12枚なので、24・36・48ページだともっと厚くなると思います。
綴じ方は無線綴じです。
thumb_IMG_0691_1024

ページをめくるとまず遊び紙が。これは、表紙と裏表紙どちらも付いています。
フォントの「あくあフォント」は、やわらかくてかわいい雰囲気です。

フォトブックKぴぃスマホ商品こちらが裏表紙。
フォトブックKぴぃスマホ商品

ちなみに私のミスでフォントを変更し忘れたページあることに気づきました。
フォントは変更しても全ページ勝手に変わるわけではないので注意が必要です。

また、プレビューでフォント表紙がどうしてもおかしくなっていて、「まぁ印刷されたらきっと普通にプリントされているよねー」と楽観視していたページが1ページあったのですが、見事にプレビュー通りにプリントしていただいておりました。はい!私の責任です!
入力ミス

「え、でもテキスト編集でフォントサイズ変更できなかったよねぇ??」と思って作成ページを見直したところ、てっきりテキスト編集はテキストとフォントのみだと思っていたのに、どうやらスクロールができたみたいでサイズと文字色が選択できたようです。
作成画面

でも、文字サイズ変更しても、文字揃えはどうしても発見できなくて、左端に寄っちゃってるんですよね…。
というわけでKぴぃに限ることではないのですが、フォトブックを作成中に「何かおかしい」「操作方法がわからない」と思ったら、迷わずQ&Aページを見るか、それでもダメなら問い合わせましょう!

続いて気になる「ノーマル写真画質」と「高精細写真画質」の違いについて。

用紙はおそらく同じ厚さのマット紙だと思いますが、印刷は確かに違います!
背景の色味だけとっても、「高精細写真画質」の方が色味が明るく見えます。
写真でおわかりいただけるでしょうか。
高精細写真画質・ノーマル画質比較
「高精細写真画質」の方が細かいところまで再現できていて、奥行きがある印象。
あと、コントラストは「高精細写真画質」の方が強めですね。このコントラストの感じは好みが分かれるかも。

と、まぁ並べてみると画質が違うのがわかるのですが、用紙が同じ厚さ・同じ質感なので「全くもって違ーう!!」という感じは正直ありませんでした。
とりあえず形に残したいなら「ノーマル」。少しでも画質にこだわりたいかたは「高精細写真画質」かなぁ。
ただし、今回スクエア型ソフトカバーの小さめのフォトブックなのでこのような感想ですが、これがハードカバーやもう少し「とっておき」を想定した製本がしっかりしたフォトブックとなれば絶対に「高精細写真画質」の方が良いです!
ただ、少しコントラストが強めで画像が暗く見えるので、自動補正の有無が選べると言えども、あらかじめ写真はある程度は色調補正しておいた方が良さそうですね。

個人的にお勧めななのは、このサイズであれば「2営業日」のノーマル画質。何と言っても納期が短い!!そして配送料を含めて一律540円でページ数も選択できるので、ちょっとしたイベントなどのフォトブックを作るのに便利です。お友達にあげるフォトブックとしても良いかも。

パソコン版Kぴぃではハードカバー、リングカバー、ソフトカバーと、スマホ版よりもバリエーションが豊富となっているようです。
また、共同購入サイト(ポンパレ)でもチケット販売をしているようなので、まず試してみたいかたはそちらをチェックしてみるのも良いかもしれませんね。

フォトブックKぴぃ

この記事を書いたクリエイター
FukaShirock

FukaShirock(101記事)

田舎在住、ふたりの女の子のママ。 子供の写真は主にスマホ撮り。 ついった→@fukashirock

このクリエイターの他の記事をみる

記事が気に入ったらいいねしてね♪

コドモノ!からパパ・ママが喜ぶ情報をお届けします。

新着記事

広告募集中 お気軽にお問い合わせください 詳しくはこちら