ホーム > 体験レビュー > 子供のお絵描きでもOK。手書きのイラストを送るだけで作れるシヤチハタの「スタンプ工房」でオリジナルスタンプを作成してみた!
投稿日: 2016/03/17

子供のお絵描きでもOK。手書きのイラストを送るだけで作れるシヤチハタの「スタンプ工房」でオリジナルスタンプを作成してみた!

このエントリーをはてなブックマークに追加

シャチハタスタンプ工房レビュー

入園入学シーズンですね!以前、とある育児雑誌の特集で子供の通園通学グッズの名前付けに関する記事を読んだのですが、最近は油性ペンやお名前シールだけでなく、お名前スタンプをオーダーしたり、自分で消しゴムはんこを作ってそれで名前をスタンプするという方法もあるのですね!
消しゴムはんこ作りがお得意なママさん、憧れます。
そして消しゴムはんこ、チャレンジしてみたけど全然ダメだった…という私のような方もきっといらっしゃるはず。

そんな中で見つけたのがシヤチハタの「スタンプ工房 ラバースタンプキット」!イラストを描いて写真で撮ってネット注文するだけで、簡単にオリジナルスタンプが作れちゃうというなんとも面白い商品です。
シャチハタって、正式名称は「シヤチハタ」で、「ヤ」が大きいんですね…。知らなかった。

というわけで、今回は、手書きの子供の名前入りスタンプを作成してみたので、レビューとしてご紹介します!

商品ラインナップは、
印面サイズが55×40mmの1個パックと、
25×40mmが2個入った2個パック、
そして25×25mmが2個と55×10mmが1個の3個パックの3タイプ。
それぞれにブラウンとアイボリーの2個のカラーシールインキが付属して、標準小売価格は1,500円(税別)。
ちなみに筆者はネットショップで購入しましたが、価格は1,125円(送料込)でした。

今回は1個パックを購入しました。
シャチハタスタンプ工房レビュー

中身はこんな感じ。
先述のカラーシルキーインキ2個と、スタンプ用の台木、そして注文用紙が入っています。
シャチハタスタンプ工房レビュー

まずは、こちらの申込用紙の枠内に、黒のサインペンでイラストを描きます。サイズは原寸大で。
ちなみに筆記線が細かったり濃淡があるとうまくスタンプにできないそう。

今回はこんな感じで描きました。
子供の名前と似顔絵です。好きな動物なんかで描いても子供は喜ぶかもしれません。
ちなみに私が描く子供の似顔絵は、「かわいくない。」と子供に大変不評です!
シャチハタスタンプ工房レビュー

デザインを描いてしまえば、あとは注文するだけです。
ハガキに付属の個人情報保護シートを貼り付けて郵送しても良いのですが、今回は「メールオーダー」を利用します。
パソコンからでも携帯電話からでもどちらからでも申込が可能です。

まずは、描いたイラストをガイドと枠線ごと撮影します。もちろん携帯電話、スマホからでもOK。撮影した写真はそのまま印面になるので、なるべく綺麗に、光の反射や影が入らないように撮影します。
今回はスマホから撮影しましたよ!
(↓実際に送った画像)
シャチハタスタンプ工房レビュー

ちなみに画像加工アプリなどでフィルター加工された写真は、印面を綺麗に作成できない場合があるそうなので注意。

あとは、注文用紙に書かれた専用のURLにアクセスして問い合わせ番号とパスワード(注文用紙に記載あり)を入力してメールアドレスを登録。
アドレス完了メールに従って支払い情報登録画面にアクセスして、必要事項を入力。
シャチハタスタンプ工房レビュー

お届け先完了メールが届くので、そのメールにイラストの画像を添付して送信。画像が確認されて受付完了メールが届いたら返信してあとは待つだけ!

一度注文すると、後からの変更はできないので注意が必要です。

通常は8日ほどで商品が到着するとのこと。
今回は、住所登録が完了して5日後に配送完了メールが届き、その4日後にゆうパケットにて商品が届きました。
内容物は、ラバースタンプ部分と、スタンプに貼るシールです。
シャチハタスタンプ工房レビュー

シャチハタスタンプ工房レビュー

台木に貼ってみましょう。裏面がシールになっているので、剥がして簡単に貼ることができます!
貼ってみてから気がついたのですが、申込用紙に「イラストのレイアウトによってはあらかじめラバー印刷面の角を切り落としてから台木に貼り付けると、キレイにスタンプすることができます」とのこと。うむむ。なるほど!
かなり粘着力が強いので、しっかり台木に貼り付きます。
シャチハタスタンプ工房レビュー

シャチハタスタンプ工房レビュー

早速付属のカラーシールインキでスタンプしてみました!
向かって右が手書きしたもの。左がブラウンのインキでスタンプしたものです。
おおおー!すごい再現力!!自分で描いた手書きのイラストがそのままスタンプになってる!これはちょっと感動です!
シャチハタスタンプ工房レビュー

インキ比較。上がブラウンで、下がアイボリーです。
ブラウンは落ち着いた色合いですね。
アイボリーは無印のノートの表紙にぺたんとしてみました。
紙ものとは言わずとも相性抜群ですね。
シャチハタスタンプ工房レビュー

そしてこのスタンプインキは、布にも対応しているようです!
スタンプ捺印後に乾いたら当て布をしてアイロンで15秒以上加熱することで、洗濯後も色落ちしにくくなるとのこと。
試しに入園グッズにスタンプして加熱、洗濯してみましたが、多少薄くなったものの、確かににじむことなくスタンプが残っていました。
(写真は洗濯前のもの。)
シャチハタスタンプ工房レビュー

その他にも、皮、木材などにもスタンプできるそうです。

カラーインキは補充タイプではなく使い切りなのですが、1個200円で購入できます。
付属のブラウンとアイボリーとは別に10色のラインナップがあるので、お好みで購入すると良いかも。
色味も落ち着いた色味で使いやすそうです。

イラスト入りのオリジナルスタンプをオーダーする!というと、好きなイラストと名前を組み合わせて作ってもらうのが定番だと思っていました。
自分でデータを作って送るという手段もありますが、多くのスタンプ屋さんでは画像作成ソフトで作成した画像形式でデータを送らないとならないので、手書きで描いた絵を写真で撮って(もしくはそのまま郵送で)送るだけでイラスト通りのスタンプができてしまうなんて…なんてお手軽なんでしょう!!
価格としても、400円分はスタンプインキ代で、配送料まで考慮すると、標準小売価格から計算すると1個1,000円ちょっとというところ。
個人的にはかなり大満足です。

今回のサイズはお名前スタンプとしては大きすぎるかもしれませんが、3個セットのサイズなら小さめのスタンプも作成できてお名前向きかも。
今回作成したものは、大きく名前を書く必要のある入園グッズに活用しようと思います。
おじいちゃんおばあちゃんやお友達に書いたお手紙のワンポイントにも良いですね。子供はスタンプ大好きなので…。

また、今回は親作成でしたが、これなら子供の描いたデザインでもそのまま作れるので、子供の描いたイラストでオリジナルスタンプ!というのも良いかもしれません。
記念としてはもちろん、まだ字が読めないお子さんでも、持ち物の目印にできたりしますね。

納期が8日程度なので、今からでもがんばればまだ入園式に間に合うかも!?
もちろんシヤチハタでは定番の組み立て式お名前スタンプの取り扱いもありますよ〜。
詳しくはシヤチハタのホームページをチェック!

シヤチハタ

記事が気に入ったらいいねしてね♪

コドモノ!からパパ・ママが喜ぶ情報をお届けします。

新着記事

広告募集中 お気軽にお問い合わせください 詳しくはこちら