ホーム > 体験レビュー > ❤︎BiziCardでABC知育カード❤︎コンビニプリントで子供と遊んじゃおう♡
投稿日: 2016/04/22

❤︎BiziCardでABC知育カード❤︎コンビニプリントで子供と遊んじゃおう♡

このエントリーをはてなブックマークに追加

image
スマホ写真をコンビニのマルチコピー機でプリントできるアプリ「BiziCard」。
娘が大好きなプリンセスたちと撮った写真で、オリジナルのABCカードを作りました。
子供と一緒に作って遊べるし、1枚60円×8枚のカードをプリントしてもワンコイン以下。

❤︎ 使ったアプリ BiziCard
❤︎ 使ったデバイス iPhone
❤︎ つくった枚数 8枚
❤︎ 所要時間 20分程度
❤︎ 受け取り方法 コンビニでプリント
❤︎ 価格 480円(1枚60円×8枚)

ABCのカードをつくるので、あらかじめカメラアプリRookie Camでアルファベットやハートのフレームに加工した写真を使います。
image
Aの文字フレームの写真(左)と
Aから始まる文字が書いてあるハートフレームの写真(右)を1組のペアに見立てます。
Aの他にもB, C,(Dは飛ばして…Dごめんね)Eのペアカードもつくり、合計4ペア8枚でアルファベットに触れながら神経衰弱が出来るカードをつくります。

BiziCardアプリの詳しい操作方法はこちらのクリエイターさんの記事にもあるとおり、iPhone片手にあっという間に出来ちゃいます♡
image
こちらのAのペアカードの背景カラーはパープルを選択。B,C,Eのペアカードもそれぞれの写真イメージに合わせた背景カラーを選択して…
写真下の余白部分にはテキストを入力できるけれど、今回はあえて空白のままで出来上がり♡

ワンコイン持ってファミマへ行き、アプリで作成された10桁のプリント番号を娘がマルチコピー機に入力。
子どもはタッチパネルが大好き、かんたんに入力完了。
image
待つこと数十秒…
この待つ時間がわくわくドキドキ♡プリクラを思い出します。
何度も排出口をのぞき込む娘。
そして…
image
このとおり♡自分のカードが出てきたので嬉しそうな娘。
「プリンセスのカードで神経衰弱しようね!」と話していたので、プリントされたものを見て「なんだ、ただの写真じゃん…。」と言われてしまうのではないかとハラハラのママだったけれど、「こんな可愛いカードあるんだね‼︎早く神経衰弱したい!」と娘も(ママも‼︎)大喜び。
やはりBiziCardで選択できる背景のカラーが鮮やかな色づかいで高級感があるので、普通の写真とは一線を画していてテンションが上がります。
image
ビタミンカラーなイエローの背景も発色がよく可愛いです。

余白スペースには娘がそれぞれのアルファベットやプリンセスのスペルを書けば、これで正真正銘、世界に一つだけのカードの出来上がり♡

image
ブルーの背景のこちらのカードもポップな仕上がり♡

お待ちかねの神経衰弱を始めると、カードをめくりながら「A、ェア、Alice!」「B、ブッ、Bell!」「E、エ、Elsa!」とフォニックスを織り交ぜながら遊ぶ娘。なんて天才なの⁉︎とフォニックスなんて習ったことのない親バカママはただただ感動。このカードをつくったママも天才かも⁉︎
BiziCardありがとう❤︎

ところが、このカードで沈黙…
image
どうした娘?
仕方ない、ママが言ってみよう。「C、クッ、シンデレ…」と言いながら、ママようやく気づきました。。Cinderellaだと「C、クッ」のフォニックスルールにあてはまらないのね…。
えーっと、Ci の場合は、えーっとえーっと…

ママ、フォニックスはよくわからないけれど、シンデレラはCなんだよ、ということで♡…OK⁈
BiziCardでママの知育にもなる⁉︎楽しくてかわいいカードゲームが出来ました。
image
「ママ、アリスはプリンセスじゃないんだよ。」
「あっ、そうだね…」
「でも、いいよ。アリスかわいいし、このカードがカラフルでツヤツヤでキレイだから♡」
ありがとうツヤツヤおしゃれなBiziCard

この記事を書いたクリエイター
yu_yu mama

yu_yu mama(10記事)

6歳と1歳の女の子のママ。 東京のはずれ、緑豊かな小さなお寺で暮らしています。 お寺の奥さん、ときどきママライター。 Instagram sayoco.yasatera

このクリエイターの他の記事をみる

記事が気に入ったらいいねしてね♪

コドモノ!からパパ・ママが喜ぶ情報をお届けします。

新着記事

広告募集中 お気軽にお問い合わせください 詳しくはこちら