ホーム > 体験レビュー > 追加リフィルレビュー:「ALBUS(アルバス)」を1年間利用してみて
投稿日: 2017/07/26

追加リフィルレビュー:「ALBUS(アルバス)」を1年間利用してみて

FukaShirock
価格:850円 (税抜)
このエントリーをはてなブックマークに追加

ALBUS替えリフィル

以前ご紹介した、毎月送料のみで、ましかくプリントが注文できるアプリ「ALBUS(アルバス)」

筆者はこちらのサービスを紹介して以来、毎月利用しているのですが、約1年利用して、「ALBUS(アルバス)」のましかく写真専用アルバム「ALBUSBOOK」のリフィル部分の残りが背表紙分に当たる最後の1枚のみになってしまいました。

ALBUSBOOK本体は通常価格2,400円なのですが、インスタシェアすると特価の1,800円で購入できるので、1年区切りでもう1冊購入も考えましたが、せっかく追加できるのし…ということで今回追加リフィルを注文してみました。

 

追加リフィルの注文はアルバスアプリの画面左上のカートマーク→
「アルバム リフィル」を選択。

アルバスブック

価格は10枚入り850円で配送料が別途300円かかるので、(2セット以上の場合は送料500円)送料を含めると1セット1150円(税抜き)です。

というわけで、今回は消費税込み¥1,242の支払い。

決済はクレジットカードです。商品は1週間程度で発送予定だそうです。

 

そしてゆうパケットで到着!

ALBUSBOOK

中身はリフィル10枚と、中継ぎビスです。特に取り付けの説明書等はないのですが、アプリの商品ページに取り付け方法が書いてあります!

アルバス替えリフィル

うちのちびっこがお昼寝している間にささっと取り付けてやるぜ!と意気込んで作業開始。

「本体のビスをドライバーやコインを使って外す」ということだったのでコインを使って外して

替えビス

中継ぎビスを真ん中から外して、取り外したアルバムビスとつなぎます。

が、

ビス取り付け失敗

ん?

間違えました。

中継ぎビスは、長い方のビスに追加するのが正解です!

ビス取り付け

短い方のビスに付けても、リフィルを全部刺せないので意味がありません。笑。

そんな試行錯誤をしながら、繋いだビスをアルバムに差し込んで、リフィルを追加してビスを留めるのですが、

アルバス替え台紙

コインじゃ上手く締まらん!!!!

というわけで結局工具箱を漁りました。

作業の際には最初からマイナスドライバーの使用をお勧めします。

最後にアルバムの遊び部分をキュッと引っ張ったら完成!

ALBUSBOOK

…不器用なので結構苦戦しましたが、お昼寝中に無事追加終了。

リフィルを追加して分厚くなったアルバムを見ると、「手を掛けてやった!」という感じがして満足。更に愛着が湧いた気がします。

これで無事、昨年の5月分から注文を初めたALBUSの写真に、1年後の写真が加わりました。

毎月1冊作るアルバムも良いですが、1冊で1年間の成長を見ることができるのは、成長が目に見えてわかって感慨深いものですね。

ALBUS替えリフィル

筆者のALBUSの注文の仕方ですが、「何かひとつテーマを作ってフォトブックを作るまでもないし、綺麗でもないけど残しておきたい日常の写真」のプリントに利用しています。(部屋をとっちらかして遊んでる写真だとか、お祭りでスーパー戦隊と撮った写真だとか。)

毎月無料分にプラス1枚〜2枚注文することが多いのですが、いちいち小数枚をプリントするのも面倒なので、これで一気に注文できてしまうのが良いところ。

1年間途切れずプリントできているのも、毎月プリント時期になったら通知が来てくれるお陰です…。笑。

そして、思いもしなかったメリットだったのが、毎月写真を注文して写真を追加するので、その度にアルバムを子供と一緒に見返す機会ができること。

リフィルを購入するときは正直「ちょっとお高めかな?」とも思ったのですが、1年間見返して子供がページをパラパラめくっているのであまり痛んでいないので、この調子で長持ちしてくれたら良いな〜と思っています。

記事が気に入ったらいいねしてね♪

コドモノ!からパパ・ママが喜ぶ情報をお届けします。

新着記事

広告募集中 お気軽にお問い合わせください 詳しくはこちら