ホーム > 体験レビュー > 2018年版MYBOOK LIFEのウォールカレンダーを作ってみた
投稿日: 2017/11/09

2018年版MYBOOK LIFEのウォールカレンダーを作ってみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

マイブックライフカレンダー8月

あっという間にもう11月。今年は寒くなるのが早かったからもう冬モード。というわけで今年もやってきました!来年のカレンダー作りのシーズンが!(←作ること前提)

今年は普段自分が一番使う用途が多い、壁掛けタイプのカレンダーを作りたいな、と思い検索!そこで見つけたのがMYBOOK LIFEの「Wall Calendar(ウォールカレンダー)」です。

マイブックライフ

ちなみに筆者はMYBOOK LIFEの日めくりタイプのカレンダーを昨年作成して、今使用していますよ〜。

おしゃれ!毎年使えるMYBOOK LIFEの日めくりカレンダー!

MYBOOK LIFEのウォールカレンダーは「計13枚の写真で作るシンプルで実用的な壁掛けカレンダー」ということなので、事前に写真を13枚準備。
使用できる画像は横型のようなので、使いたいけど横型画像として使うとちょっと切れすぎちゃうだろうなーと思った縦型画像は、事前にiPhoneアプリで2枚合わせて横型に編集してみました。ちなみに筆者が使用したのは「÷フォト」というiPhoneアプリです。

÷フォトアプリで画像を合体

いよいよ、MYBOOK LIFEのサイトにアクセスして写真を登録!
通常、画像は任意の月に配置できるのですが、現時点では筆者が利用しているiOS11だと自動配置のみの対応だそうで(Androidも同様。11月末対応予定。)やっぱり好きな月に好きな写真を配置したいよね〜。というわけで、今回は写真をアカウントに保存してからパソコンでログインし直しました。
スマホからでもパソコンからでも同一データを使えるのはマイブックライフの良いところですね〜。

写真を配置しなおしたら、注目の機能!カレンダーの任意の日にちにあらかじめ記念日やイベントを入れ込むことができるのです。カラーも数色から指定できますよ。(写真はスマホ版)

イベント入力

そして届いた商品がこちら!今回は5日後に商品発送、その3日後に自宅に配送されました。

サイズは折りたたんだ状態でA4より一回り小さいサイズ。表紙は年間カレンダーになっています。
ちなみにこちらのカレンダー、2018年1月~2018年12月までの「1月始まり」2018年4月~2019年3月までの「4月始まり」の2タイプが選べます。筆者が選んだのは1月始まり。

日曜始まりなのも筆者としてはポイントです!

カレンダー

気になる写真の画質はもちろん綺麗!市販の写真カレンダーと変わらないですね。使用するデータの縦横サイズにもよると思いますが、筆者はiPhoneの初期設定カメラ撮影で、綺麗な状態でプリントできました。

マイブックライフカレンダー

ただ、筆者の確認ミスで1枚はピンボケした写真を選択してしまい、ぼけぼけに。スマホの小さな画面で見ると普通に見える画像でも、大きく引き伸ばされて印刷するとピンボケしてた!!ということがあるのでご注意を。

また、これはカレンダーに限らずフォトブック等写真プリント全般に言えることなのですが、スマートフォンの画面で見るよりもプリントすると少し暗めに見えることが多いので、事前に少々画像加工をした方が見栄えがするかもしれません。

下の写真はiPhoneの「写真」の編集機能で「ビビット」フィルターをかけた写真を使いました。上の紫陽花の写真よりも、遠くから見た際の見栄えは良いように感じました。

マイブックライフカレンダー8月

注目したいのはやはり事前に入力することができる行事。直接プリントされていると特別感があります。

マイブックライフ壁掛けカレンダー

カレンダーの機能性として気になるマスのサイズはこんな感じ。縦幅もあるので結構書き込めそう。サイズ感

分割した写真を使用したページももちろんバッチリです♡

 

マイブックライフ2018年が始まるまでは、年間カレンダーページにして、今から活用します!

マイブックライフカレンダー

通常価格1480円、配送料はクロネコDM便(150円)・宅配便(400円)。
他にもMYBOOK LIFEには万年カレンダーの「Calendar」にブロックカレンダーの「365」もあるので、好きな写真をカレンダーにしたいという方は要チェックです!

記事が気に入ったらいいねしてね♪

コドモノ!からパパ・ママが喜ぶ情報をお届けします。

新着記事

広告募集中 お気軽にお問い合わせください 詳しくはこちら