ホーム > 体験レビュー > アプリでかんたん【おしゃれ年賀状】戌(いぬ)年スヌーピーデザインも
おしゃれで簡単に名刺作成 | カスタムデザイン名刺 whoo
投稿日: 2017/12/22

アプリでかんたん【おしゃれ年賀状】戌(いぬ)年スヌーピーデザインも

yu_yu mama
サービス:おしゃれ年賀状
価格:1,710円 (税込)
このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も残すところあとわずか。
なのに、まだ年賀状を作ってない・・・。

小さな子どもがまとわりついてくるので、
PCを開いてゆっくり年賀状作成なんてできない。

そんなママは私だけではないはず。

年賀状作成に悩めるママ達の強い味方なのが
スマホアプリ「おしゃれ年賀状」!
おしゃれ年賀状
おすすめポイントはこちら↓

・おしゃれで豊富なデザイン
・アプリでらくらく作成
・フジカラー年賀状仕上げ
・基本料・送料・宛名印刷料 0円
・最短2日後に到着

アプリのトップにも大々的に「おしゃれ年賀状」「フジカラー」の文字があるので、
富士フイルムのおしゃれ年賀状「LETTERS(レターズ)」のアプリ版なのかな?
と、思われそうですが、
運営会社の株式会社スフィダンテが富士フイルム印刷工場と直接連携して、
フジカラー年賀状仕上げでサービスを提供しています。

高品質のフジカラープリントでありながら、基本料などが無料。
いいとこどりのサービスです?

印刷代を見てみるとこんな感じです↓
※最低注文枚数は10枚。

24時までの受付で最短翌日発送してくれます?

東京在住なので、オーダーした2日後には到着するのですね?

スマホにアプリを入れて作成スタート!

「おしゃれ年賀状」の名のとおり、おしゃれデザインがよりどりみどり。
おしゃれ、かわいい、シンプル、和風のデザインなど700種類以上!

こちらシンプルな和モダンなデザイン、おしゃれです。

こちらが編集画面↓↓↓
「写真を選ぶだけ」で、写真は自動配置。
写真の入れ替えも簡単操作でらくらく。
挨拶文や住所スタンプの追加も簡単にできます。

手書きコメントを入れたいので、今回は特に文章の追加はなくこちらで完成!
写真を映えさせてくれるシンプルデザイン。
こちらはいったん保存。

他に気になるデザインが、来年、戌(いぬ)年にちなんだスヌーピー。

小学生になって自分で年賀状を書くと張り切っている娘には
こちらのデザインをオーダー。

「注文する」をタップすると、ハガキの種類を選択できます。

無料で嬉しい宛名印刷も、あり・なしを選択できます。

私は手書き派なので、今回は宛名なしにしましたが、
便利ポイントが魅力的すぎるので、来年は宛名印刷もオーダーしようかな。

新規登録 or ログインをして注文していきます。

キャラクターデザインは1枚119円(税込)。
最低注文数は10枚で、基本料・送料は無料なので、
1190円+ハガキ代520円(税込)からオーダーできます。

配達は無料のゆうパケットを選択。

スケジュールはとってもスマート。
注文 12月19日
発送 12月20日
到着 12月21日

支払いはクレジットカードを選択して注文完了。
1つのデザインごとに注文を完結させるシステムなので、
・シンプル英字デザイン
・スヌーピーデザイン
2つのデザインの年賀状の注文をそれぞれ行いました。


そして、きっかり2日後の12月21日に到着!
デザインごとの注文なので、2つのパッケージでそれぞれ届きます。

富士フイルム印刷工場と連携されているので、
富士フイルムイメージングシステムズからFUJIFILMのパッケージで届きました。

こちらのデザイン、最低枚数10枚のお値段は、
印刷代1080円+ハガキ代520円=合計1600円(税込)。
送料も基本料金もかかっていません。

「富士フイルムの年賀状」のネット注文の場合、
プリント代は1枚52円(税込)ながら、
基本料金が、デザイン別に2700円(税込)や3240円(税込)とかかってきます。


そう考えると、こちらはとってもリーズナブルに感じますが、
品質は同じくフジカラークオリティ。

仕上がった年賀状の第一印象は・・・

・つるつるつややか
・高級感

実際にハガキを前にペンを手にすると、
コメントスペースも計算し尽くされたデザイン性の高さを実感します。

銀塩プリントで表情もこのとおり細かく再現されています。

SNOOPY and His Friends も賑やかで楽しくプリントされています。

これには娘も大大大満足。

シンプルなおしゃれデザインはママ用に。
かわいいキャラクターデザインは娘用に。

まだ年賀状の準備をしていないママにおすすめします。

サービス:おしゃれ年賀状
この記事を書いたクリエイター
yu_yu mama

yu_yu mama(12記事)

7歳と2歳の女の子のママ 東京の緑豊かな小さなお寺で暮らしています お寺の奥さん、英語教室インストラクター、ときどきママライター

このクリエイターの他の記事をみる

記事が気に入ったらいいねしてね♪

コドモノ!からパパ・ママが喜ぶ情報をお届けします。

新着記事

第1回フォトブック展「MEKURU-めくる-」