ホーム > 体験レビュー > プチ起業ママに嬉しい!オシャレ名刺「whoo」でラッピングタグアレンジ
おしゃれで簡単に名刺作成 | カスタムデザイン名刺 whoo
投稿日: 2018/04/01  更新日: 2018/04/06

プチ起業ママに嬉しい!オシャレ名刺「whoo」でラッピングタグアレンジ

FukaShirock
価格:3,550円 (税抜)
このエントリーをはてなブックマークに追加

whooラッピングタグアレンジ

実はクレイセラピストの資格を持っている筆者。
子供が幼稚園に入園したらワークショップでも始められたらいいなぁ~と思っているそんな中、今回は「whoo(フー)」という名刺作成サービスを初体験しました!

編集と注文

スマートフォン、パソコンなどのオンラインから個性的な名刺を作成できるというこのサービス。
サイトを見てみると、おおっ!確かにスタイリッシュ。シンプルながらも洗練されたオシャレなデザインの名刺が並んでいます。

whooトップページ

このサイト内のデザインテンプレートはどれも無料で利用できるそうなので、数あるデザインの中から好みや用途に合ったデザインを選択できるわけですね。
もちろん、自分の写真を使ったり、自分の作成したデータを入稿する事もできるようなのですが、今回はまだショップロゴ等もないのでテンプレートを利用させていただこうと思います。

名刺の形だけでもスタンダードなサイズのみではなく、正方形やミニサイズのものもあり、目移りしてしまいますね?。

デザインサンプル

デザインもたくさんあるので、お気に入りのものを保存しつつ検討…。
悩みに悩んだ結果、今回はこちらのデザインをベースに注文してみたいと思います!

選択した名刺

ソフトのダウンロードは不要で、気に入ったデザインがあればそこから作成が可能。文字を編集していきます。

フォントの種類やサイズ、カラーも変更できます。
豊富な種類から選べるフォントカラーは、どれも落ち着いた色味に設定してあって、どれを選んでも自然にオシャレ感が出てくれるようになっています。なんと優秀な!!

反映までに若干タイムラグも見られますが、個人的にはストレスになるほどではありませんでした。

文字変更画面

こちらのデザインはカラーアソートがあるそうで、色ごとにテキストも設定ができる(というかそれぞれの設定が必須!)なので、漢字だとよく読みを間違えられる筆者は半分は名前をローマ字に、半分はカタカナにしてみました。

文字入力

注意しなければならないのは、文字編集はテンプレートで文字が入力されている箇所のみ可能だということ。

改行や新たな文字列の追加はできないので、テンプレートを選択するときには自分が名刺に入れたい情報の量と合ったテンプレートを選択する必要があります。

決済方法は各種クレジットカード・代金引換・銀行振込・コンビニ・Pay-easy。

今回はMINIサイズの角丸加工20枚で、3,550円+消費税=合計3,834円でした!送料は無料なのですねー!

注文時には出荷日は「5日後」という表記になっていましたが、後ほど届いたメールに「出荷までの日数:7日(印刷日数:5日+休日:2日)」という風に表記されていたので、大体いつでも7日後に配送っていうことになりそうですね。

商品到着

さて、実際は今回は注文の6日後に発送完了メールが届き(注文時に早く仕上がった場合に早期発送するかの選択が選べます。)、その2日後に商品が届きました。

ちなみに配達はエコ配というサービスが使われているようなので、地域によって運送会社が変わってくるのではないかと思います。ちなみに我が家にはゆうパックが届けてくれました。

梱包を開けてみると…おおおーーー!!なんか箔押しのかわいい小箱が!!

まさかこんな立派な箱に入ってくるとは思わなかったので驚きです!

whooオリジナル化粧箱

箱を開けてみると…

わーーーお!!!!ジャストサイズで名刺が並んでる!!!

凝ったパッケージの作りしてるーーーーーー!!!!

化粧箱に入った名刺

まさかこんなかわいい箱に入ってくるなんて、注文したのが最小ロットの20枚だったのので箱の余白が少しもったいない気がします。

作成画面通り、4種類のカラーが、同一枚数ずつ入っていました。
画面で見た色味と相違ないなと思いましたが、これはおそらく用紙の加工の有無などによって違ってくると思います。
オプションでつけた角丸加工も結構綺麗。

実際の色味

今回何も表面加工オプションをつけなかった用紙は、少し柔らかな風合いなので程よい温かみが出て、筆者の用途ともぴったりで嬉しい。

加工なし用紙質感

厚みはしっかりしていて、名刺としては高級感がある方ではないでしょうか。
サイトに「印刷のプロ」という表記があったのですが、この辺りにこだわりを感じます。

名刺の厚み

サイズは28×70mmで、一般的な自宅プリント用の名刺用紙(55×91mm)と重ねてみるとこのようなサイズ感です。ほんとちっちゃくてかわいい。

一般サイズの名刺との比較

そして、今回筆者がこちらのサイズを選んだは、実はやってみたいことがあったから。

じゃじゃん。

穴あけパンチで穴を開けて紐を通し、梱包のタグとして利用してみました!いかがでしょう?

whooラッピングタグアレンジ

イベント等でのワークショップを予定しているので、名刺として渡すのはもちろん、利用された方に作ったクレイアイテムをお持ち帰りいただく際に便利そうです。
名刺のデザインのおかげでオシャレ度アップ。いやー、想定通りにできたのでニヤニヤしてしまいます。笑。

正直、作る前は「名刺20枚で3,000円ちょいかぁ…高いな。」なんて思っていました。
実際、自宅プリントと比較するとやはりコストはかかりますが、多種多様でおしゃれなデザインが利用でき、できあがった実物にも満足!

というか例えば20枚だと税別単価167円なのですが、100枚なら48円ですし、当然ながら枚数が多いほどお安くなりますもんね。

これ、次回頼む時は絶対に100枚以上で作ります。

自分でデザインまでは手が回らないけど、手軽にオシャレな名刺が作りたい方や、ちょっと変わった名刺が作りたい方にオススメのサービスでした!

記事が気に入ったらいいねしてね♪

コドモノ!からパパ・ママが喜ぶ情報をお届けします。

新着記事

広告募集中 お気軽にお問い合わせください 詳しくはこちら
?>