ホーム > 体験レビュー > エコー写真が消える前に!おなかのフォトブック
スマホから写真 100円Piプリ(ピプリ)
投稿日: 2018/03/16  更新日: 2018/04/06

エコー写真が消える前に!おなかのフォトブック

ohagichan
価格:3,000円 (税抜)
このエントリーをはてなブックマークに追加

8年前のエコー写真

今年8歳になる長男。長男の妊娠時に通っていた産院が毎回超音波を4Dで撮ってくれる産院でした。いつかエコー写真をまとめよう、まとめよう。。と思いつつ8年間放置していた筆者。
今回重い腰を上げてフォトブックを作ってみました。

おなかのフォトブック表紙

 

作ってみたら、拍子抜けするほどに簡単!!パソコン・スマホを介さずに簡単に作れる店頭での注文です。

 

商品名は、「おなかのフォトブック」 全国 カメラのキタムラ各店で取り扱っています。 

筆者は数冊フォトブックを作った事があるのですが、実店舗で注文するフォトブック、実ははじめて。ドキドキしながら注文しましたが、エコー写真を持って実店舗に行くだけで作れるので
実にシンプル。どうして8年も放置しておいたのだろう。。と思うぐらいあっさりとできてしまいましたよ。

おなかのフォトブック注文書(実物)
こちらは実際の注文書です。店頭で書くこともできますし、予めダウンロードしたものを
店頭で渡すことも可能だそうです。
詳細はこちらから

注文までの流れ


  1. デザインを選びます。
    ピンク・ブルー・ベージュ・マイベイビーの4種類。
  2. タイトル・サブタイトルを20文字までで入力します。
  3. エコー写真・写真(A4サイズまで可能)・その他フォトブックに入れたい画像を21枚用意します。その際に渡されるポケットアルバムに、フォトブックにする画像の順番通りに入れていきました。
    おなかのフォトブック エコー写真(現物)
    ちょっとだけこだわったのが、この2つ。
    おなかのフォトブック最後のページ
    姪っ子(当時小3)が書いてくれたお手紙(左)と出生時にもらった名前カード(右)どうしてもエコー写真と一緒に残しておきたかったので最後のページに並べて載せることにしました。
  4. 冊数を記入したら完了!数日で、店舗より電話が来て取りに行ってきました。

仕上がりは

おなかのフォトブック到着品

 

こんな形で仕上がってきます。中身は3点です。

    1. エコー写真原本
    2. フォトブック
    3. デジタル化されたエコー写真のCDデータ

おなかのフォトブックとCDサイズ比較

サイズ感はこんな感じ。CDより1回り分大きいです。

 

おなかのフォトブック1ページ目

 

フォトブック1ページ目は直接書き込めるようになっています。

 

 

おなかのフォトブック(中身1)

2ページ目以降はこんな感じ。エコー写真の下にも手書きで書き込めるように余白が大きく取ってあるのが良いなと感じました。・・・母子手帳を見返してメモ書きしてみようかな^^

おなかのフォトブック(中身2)

4Dのエコーはリアルです。私の母は気持ち悪いって言ってました^^

おなかのフォトブック(中身2)

覗き込む頭が見えているのは、次男くん。彼の産院はほとんどが2Dでした。まだ手付かず^^

 

あと、個人的に嬉しかったのが、CDデータ。300 dpiの解像度でスキャンされたデータが入っています。
せっかくのエコー写真。先ずはフォトブックに出来たので安心ですが、デジタルデータがあれば、後から妊婦写真と織り交ぜながら編集することもできるな、とほくそ笑んでます。

おなかのフォトブックCDデータ

 

 

エコー写真をほったらかしていた要因の1つにデジタル化の壁があると思います。

 

スマホで撮ると光が反射してしまいますし、家庭用のスキャナーで1枚1枚を取り込むのも面倒。

この商品は、パソコン・スマホ・デジタルカメラ等を使わずにフォトブックに出来るのがお手軽!!

 

 


出来上がったフォトブックを見て、実は次男が泣きだしました ?><
「僕の本も作って欲しい」とのこと。「なんで僕のは無いの?」と泣き顔で訴えられました。。
男子2人兄弟なので、エコー写真なんてそんなに興味ないかな??と勝手に決めつけていた母は少し反省。

幼いながらもおなかにいた頃がフォトブックになるって、やっぱり特別なんだなと実感しました。
次男のフォトブックもこの後に作ろうと思います。

 

せっかくのエコー写真。消えてしまう前に形に残してみてははいかがでしょうか??

 

この記事を書いたクリエイター
ohagichan

ohagichan(9記事)

7歳と4歳男子の母です。 写真が好きだけど、子ども達は 撮られるのが好きじゃない、みたい。 母さんめげずに撮ってカタチに残します!

このクリエイターの他の記事をみる

記事が気に入ったらいいねしてね♪

コドモノ!からパパ・ママが喜ぶ情報をお届けします。

新着記事

第1回フォトブック展「MEKURU-めくる-」