ホーム > 体験レビュー > <フォトブックで自由研究>マクロレンズを使用してクイズを作成「これなんのしょくぶつ?」
スマホから写真 100円Piプリ(ピプリ)
投稿日: 2018/07/02

<フォトブックで自由研究>マクロレンズを使用してクイズを作成「これなんのしょくぶつ?」

FukaShirock
価格:514円 (税抜)
このエントリーをはてなブックマークに追加

マクロレンズ自由研究

あっという間に7月!ほら!夏休みの足音が聞こえてきましたっ!!
今回は「フォトブックで自由研究」と題しまして、フォトブックを活用して夏休みの自由研究の予行をしてみたいと思います。

せっかく写真を撮影するなら面白いものを撮りたいよね?というわけで、今回はアイテムを用意しました。
はい。スマートフォン用のマクロレンズです。筆者が使用しているのは他の色々なレンズとセットで2000円くらいだったものですが、最近は100均でも購入できます。

マクロレンズ

使用するのはもちろんスマートフォン。
子供に触らせるのはあまり乗り気がしない方もいらっしゃると思いますが、ルールをきちんと決めれば、本格的なカメラのマクロレンズを購入して撮影するよりもちろん手軽です!!電話としては卒業した機種をカメラとして利用することも可能ですよね。

さて、みなさんご存知の通り、スマホカメラなら、マクロレンズを使用しなくともある程度小さい物を撮影することができるのですが、あまり被写体に近づくとピントが合わなくなってしまいます。

例として同じ位置からの被写体を撮影してみます。

マクロレンズ比較

マクロレンズ不使用の場合、ある程度被写体に寄ってしまうとピントが合わなくなってしまうのですが、同じ位置でマクロレンズを使用するとピントを合わせることができます。

更にズームするとこの通り。画像は荒れますが、紙質がわかるくらいまで近寄って撮影することができます。

マクロズーム

これを活用すれば、昆虫の観察など、肉眼で見えない部分まで見えて非常に面白い写真が撮影可能!今回はこれを利用して植物を撮影し、クイズブックを作成してみます!

写真撮影

子供と一緒に庭の植物を撮影してきます。

撮影手順は以下の通りです。
1)被写体に近づいてマクロ写真を撮影

マクロ使用
2)その植物の全体図を撮影

マクロ不使用

子供は近寄れば近寄るだけ面白いようで(笑)今回はズームも併用しました。
画質の良い写真が撮りたいならデジタルズームは荒れてしまうので大人としてはビミョーと思ってしまうかもしれないのですが、まぁ子供の自由研究なので!良しとします。

撮影の注意点としては、拡大して撮影するため手ぶれがしやすいということ。
屋外の撮影のため風も吹きます!そのため、ブレる場合は植物を軽く添えて撮影すると良いでしょう。
また、葉の裏に虫が付いている場合などもあるので植物を触る場合は事前に確認すると良いかと思います。

フォトブックの準備

写真素材が揃ったらフォトブックを作成・注文します。

今回使用したサービスはしまうまプリントのフォトブックA5サイズ。
パソコンでもスマホでも作成できます。今回はパソコンで作成しました。家に帰って「いる写真」「いらない写真」を分けて読み込み。
文字は手書きをしたかったので、そのスペースを空けて写真を配置しました。

それぞれ見開きを使用して、 問題を書くページと、 答えを書くページに分けます。 文章は手書きで書くので、画像を配置するだけでOK。 今回は問題ページに写真を2枚、答えのページに写真を1枚配置しました。

今回は写真を33枚使用。(表紙を含まず。)

ページに空白を開けたかったので、今回はA5サイズ48ページの仕様を選択。本体価格は514円です。
写真をもっと詰めて配置するならページ数を少なくできるのでもっとお安くできるのですが、例えばコンビ二でL判写真(30円)を33枚プリントするとそれだけで990円なので割安ではないかなと思います。

本当は表紙タイトルも手書きしたかったのですが、どうやらタイトルを記入しないと注文ができないようだったので、タイトルのみ記入しました。

そして注文!配送料はメール便90円、宅配便500円です。

書き込み

商品は注文から1週間足らずで手元に到着しました!

しまうまフォトブックは安価ながらカバー付きでまるで市販の本のような作りなのでテンションが上がります。
「自由研究用」の用途としてはカバー部分が外れるのは不安だなという場合は両面テープなどで貼り付けてもOKです。

まず、マクロレンズを付けて撮影した写真が配置してあるページにクイズ形式で問題を書きます。

今回は、ヒントも考えて書いてみましたが、結構頭を使いました。

問題記入

続いて、植物全体を撮影したページに答えを書きます。

回答記入
単純に名前だけではなく、植物図鑑で調べた内容を書き込んだりすると面白いです。
例えば小学校低学年と高学年、どの学年の課題として取り組んでも年齢によって追求できる難易度が変わってくると思います。

今回撮影した植物の中には「植物図鑑で探したけど載っていない!」というものもありましたが、おばあちゃんに聞いたりして対応しました。

結局何の植物かわからなかった、、という場合もあるかと思いますが、それはそれで似ている植物を挙げたりして仮定を立てるのも面白いと思います!

そして最後のページにはもちろんまとめを記入して、表紙に名前を書けば(今回は実際に小学校に提出するものではないので仮名です。)自由研究ブックの完成!

写真の撮影と注文に1日、文字の書き込みに1日、配送時間を除けば合計2日程度で作成できるので、観察モノなどと違って比較的短時間で作成できるのではないかと思います。

こちらの内容は7月20日から22日まで東京にて開催される「フォトブック展-mekuru-」にて、トーク&セミナーとしてご紹介します。

イベントへの入場は無料ですが、セミナーは要予約となっておりますので、興味のある方はぜひイベントページよりご確認ください!

フォトブックで自由研究

記事が気に入ったらいいねしてね♪

コドモノ!からパパ・ママが喜ぶ情報をお届けします。

新着記事

第1回フォトブック展「MEKURU-めくる-」