ホーム > 体験レビュー > スマホから本格フォトブック!MYBOOK LIFEの「ART-HC 180S(アートハードカバー180S)」
投稿日: 2018/09/18  更新日: 2018/09/19

スマホから本格フォトブック!MYBOOK LIFEの「ART-HC 180S(アートハードカバー180S)」

FukaShirock
価格:3,500円 (税抜)
このエントリーをはてなブックマークに追加

MYBOOK LIFE ART-HC 180S(アートハードカバー180S)

今回ご紹介するのは、今年7月にリリースされた「MYBOOK LIFE」の「ART-HC 180S(アートハードカバー180S)」。

スマートフォンで作成できる本格的なフォトブックということで気になっていた筆者。
でもまずこれって、「MY BOOK」のハードカバーフォトブックとどう違うんでしょう?

というわけで、去る7月、東京で開催された、第一回フォトブック展「mekuru-めくる-」に、出展されていたアスカネットのスタッフさんにお聞きしたところ、

なんとMYBOOKの「ART-HC180S」とMYBOOK LIFEの「ART-HC180S」は、作成方法とソフトウェアが違うため編集機能に制限があるだけで、商品は同じというご回答をいただきました!

筆者は以前MYBOOKの「ART-HC180S」を作成したことがあるのですが、あのしっかりしたフォトブックがスマートフォンからでも作成できるってということですね!

 

というわけで、今回は「ちゃんと1冊にまとめたい!」と思っていた、スマホ撮影の娘の卒園式の写真をまとめてみました。

 

注文

まずは「MYBOOK LIFE」のサイトにアクセスします。

「ART-HC 180S」のデザインは、子供写真向けの「baby」、旅行写真向けの「ブルーエフェクト」、ウエディング写真向けの「ウェディング」の3種類。

今回は「baby」で作成します。

作成方法は「MYBOOK LIFE」のサイトから作りたい商品>テンプレート名を選択。
アプリのダウンロードは不要でそのままブラウザ上で作業できるので簡単です。

写真を33枚選択して、アップロード。

アップロードが完了すると画像は全て自動配置されているので、あとはタイトルやテキストを入れたり、必要に応じて写真の入れ替え・場所編集をします。

作成画面

ただ、筆者が使用しているスマートフォンでは、画面が小さいので全体図が見えづらかったかな…。
そんなときは、MYBOOK LIFEはスマートフォンとパソコンで同一アカウントを利用可能、ファイルを再編集できるので、細かい確認がしたい場合はスマホから一旦保存してパソコンで見直すこともできるので安心です。

本文ページは「MYBOOK」の商品同様、仕上げを「ラミネート加工-光沢」「ラミネート加工-つや消し」「ニス加工」の3種類から選べるのが嬉しい!

今回は注文日から7日後に出荷完了メールが届きました。
ちなみに発送は注文より6営業日。各商品ページに本日注文するといつ出荷されるのかが書いてあるので、参考にされると良いと思います。

価格は3,500円(税抜)。

商品感想

今回はクロネコDM便で注文、商品注文から10日後に手元に届きました。

半透明のケースに入っています。しっかりとした作りのハードカバーのフォトブックですね。
ツルツルした質感の表紙が綺麗です。

本文はじめにトレーシングペーパーがついているのが高級感があります。左開きの無線綴じ。

全く同じ仕様とお聞きした、以前注文したMYBOOKの「ART-HC180S」と並べてみました。

はい、確かに同じですね!

前回のものは本文ページ「ニス加工」で作ったので、今回作成した「ラミネート加工-光沢」と並べてみます。
写真ではわかりにくいかもしれませんが、「ニス加工」は紙や印刷の質感がそのまま出ている仕上がりなのですが、「ラミネート加工-光沢」はツヤッツヤの光沢があり、プリント写真にも近いものを感じます。表紙の質感と同じ質感ですね。

同じフォトブックでも仕上げ加工でここまで違うのですね…!光沢の方は、かなり高級感が出てきます。

好みもあると思いますが、今回は卒園式という一生の思い出なので、光沢を選んでよかったなと思いました。

因みに今回作った商品はページ数が20ページで固定なのですが、これくらいのページ数があればハードカバーフォトブックにまとめても見栄えがする!という印象を受けました。
(…というのも前回作成のものは10ページで作ったのですが、当時も「ハードカバーで作成するならもっとページ数が多いものじゃないと少し物足りない」と思ったという経緯があったので。)

MYBOOK版との違い

本体の仕様そのものは先述の通り「MYBOOK」のものと全く変わらない品質。ページ数が同じであれば価格も同じになります。
それじゃ何が違うのかというと、やはりそこはソフトウェアと作成方法です。

MYBOOK

  • ・パソコンからソフトウェアをダウンロードして作成
  • ・自由度がとても高く、各ページに配置することのできる写真枚数も多め
  • ・スタンプ機能あり
  • ・テンプレートの場合、テンプレート内のボックスや文字、イラストなどは自由に変形・移動可能
  • ・ページ数を自由に決められる

 

MYBOOK LIFE

  • ・スマートフォンからでも作成可能でアプリ不要
  • ・デザインと写真枠が完全に決まっておりそれに写真を流し込んでいくタイプ
  • ・文字も位置なども固定(フォントタイプ・サイズと色は変更可能)
  • ・各ページに配置できる写真の枚数も多いページで2枚
  • ・ページ数固定

この通り、写真枠が固定なので「これは縦で使いたいけどこれ以上縦で入れることができる枠がないかな…」というシーンも正直ありました。そこにこだわりたいのであれば、やはり自由度の高い「MY BOOK」版が便利。

しかし、筆者は写真は全てスマートフォンで撮るタイプなので、今回「MYBOOK LIFE」版でスマホからそのまま写真をアップロードすることができる点はとても助かりました。

また、写真枚数については1ページに2枚と少なめではりますが、実際に手に取ってみると逆に「欲張って配置しすぎて写真1枚のサイズが小さくなった!」(←やりがち)ということがなく、カット一つ一つをしっかりと見ることができるバランスで配置できていて満足です。

1つのイベントの写真枚数としても、写真枚数30枚前後という枚数はちょうど良く感じました。

まとめ

MYBOOK LIFE

パソコン世代の筆者としては「特別感のあるフォトブックは店頭かパソコンから作るもの」というイメージがあったのですが、筆者の周りにも「子供の写真は全部スマホで撮ってる」「スマホがあるからパソコンは持ってない」というパパママも多いので、「スマホからでも高品質なハードカバーフォトブックが注文できる!」というのは革新的かもしれません。

そして、これは先述もイベントでスタッフさんにお伺いした話「MY BOOKのフォトブックは広島の工場で職人さんが1冊1冊手作りで作成しているんです。」とのこと。

…存じ上げませんでした!!

品質や、1冊1冊の色味の再現にもとことんこだわられているそうです。

スマートフォンで作成できるフォトブックサービスは多々あり、プチプラサービスも人気があることから、スマホから作成するにはこちらのフォトブックは3,500円と、正直ハードルが高い印象を受けるかもしれません。

しかし、「書店で販売されている写真集に非常に近いイメージ」を得るために、長年の研究が行われているこちらのフォトブックを作成するのは、まさに1冊の写真集を作成するのと同じこと!

スマホから今までワンコインフォトブックしか作成したことない!という方も、ずっと大切に残したい、家族旅行やお子さんのお祝い事の記念写真は、高品質なハードカバーフォトブックで残してみるのはいかがでしょうか?

記事が気に入ったらいいねしてね♪

コドモノ!からパパ・ママが喜ぶ情報をお届けします。

新着記事

第1回フォトブック展「MEKURU-めくる-」