ホーム > 体験レビュー > アプリで楽々!1,980円でできちゃうDMM caseのスマホケース
投稿日: 2015/04/20  更新日: 2016/03/30

アプリで楽々!1,980円でできちゃうDMM caseのスマホケース

FukaShirock
サービス:DMM case
このエントリーをはてなブックマークに追加

=======================
作ったもの : スマホケース
使ったサービス:DMM case
参考URL : https://kodomono.natuna.jp/service/336
価格 : 1,980円
送料 : 無料
デバイス : スマートフォン
=======================

今回は「DMM case」で、スマホアプリで簡単に作成できるiPhoneケースを作成してみたので、レポートしようと思います。

DMMって、動画配信とかのあのDMM.comさんですよね。
色々なことやってるんだなぁ。
今回作ってみようと思った決め手は、
①アプリから簡単にできる
②1,980円というお手軽なお値段
③iPhone5cのケースがある
という3点。
自作スマホケース作れるところは色々あるのですが、iPhone5/5s向けはよく見るのですが、5c向けケースを作れるところって少ないのです。

というわけで早速作ってみます。

さて、まずはApp Storeから「DMM case」を検索してダウンロード、アプリを立ち上げます。

スマホのデバイスを選びます。

機種を探知してくれるんでしょうね。
最初に自分の使っている機種(iPhone5c)が選択されていました。

ケースを選択すると、レイアウト画面が出ます。
ちなみにケースは、iPhone5cの場合透明しかありませんでしたが、試しにiPhone6を選択してみると透明・黒・白の3色が選べました。

四角


さんかく


まる

色々な形がありますね!
今回は、この水玉のようなレイアウトにしてみます。

下部メニューの「写真」をクリックすると、左下に「+」という丸いボタンが出てきますので、そこをタップして写真選択画面へ移ります。

FacebookやInstagramとも接続できますが、今回は「カメラロール」から。

タップして画像を選択します。
ここでは選択したら選択した分だけ、編集画面に持っていけるようです。

終わったら右上の「完了」をタップ。

下に、選択した画像のサムネイルが表示されるので、スワイプして枠にもっていきます。

画像の位置を入れ替えたいときは移動したい位置の枠に写真をドラッグすれば持っていけるのですが、ドラッグした元の場所は空白になるので、新たに写真を設定しなければならないようです。

配置が完了したら、次に「エフェクト」をタップします。

12種類のエフェクトが選べます!

編集していない画像でも、多少テイストが合わせられて便利かな。
モノクロやセピアもあります。

今回は「モダン」にしてみました。
どんな仕上がりになるかなー。

「保存」をタップし、「バスケットに入れる」をタップすると、DMMのログイン画面が出てきます。

私はつい最近たまたまDMM.comさんに会員登録したばかりだったのでIDがありますが、無い方は「無料会員登録はこちら」を選択して、空メールを送ると会員手続きになりますので、登録しましょう。

ログインすると、カートが見れます。
1980円送料込です!

あとは住所を入力して、支払方法の選択をします。
支払方法は、クレジットカードか「ポイント」だそうです。

どうやら、「DMMポイント」というのがあるらしく、ケータイ払いや電子マネー、各種コンビニやプリカでチャージできるようです。楽天ポイントも使えます。

今回はクレジットカードで支払いました。
あとは「注文を確定する」をタップして注文!

ドキドキしますね!

————

さて、商品が届きましたよ!

届いたのは、注文してちょうど1週間後でした。
郵便局のゆうパケットで届きました。

装着してみましょう!じゃーん。

緑にはめると…ちょっと毒々しい(笑)
ケースはクリアですが、印刷部分の透けはありません。

白にはめるとこんな感じ。上下が空いてて、左右でかちっとはめるタイプですね。

つけるのは良いけど、iPhone弱いので衝撃吸収用に柔らかめのケースを使ってた時分には、少し外しにくい。

気になる画質は、普通の写真と比べるとこんな感じです。

iPhoneケースとL判写真を並べて撮影してみました。
たぶん、最後に選ぶフィルタによって結構左右されるかもしれませんが、結構画質は粗いかな?
小さい円の方の写真の顔とか、小さすぎてつぶれています。
作成時のプレビューの画質を期待するとがっかりするかも。

でも1,980円で簡単にスマホケースが作れちゃうと思えば、個人的には色合いが合わなかった緑iPhone用にもう1個作っても良いくらい。
あとは、本体の色合いを考えて、全体が写真で隠れるレイアウトを選んだほうが良いかもしれません。
柔らかめのケースがあったらもっと良いんだけどなー!
あと、透明ケース用にAppleマークが活かせるようなレイアウトのものとか。

今回は写真で作りましたが、バーンと一枚、子供の作品をケースにしてもかわいらしいかもしれませんね。

詳細はこちらから。
DMM case /https://kodomono.natuna.jp/service/336

サービス:DMM case

記事が気に入ったらいいねしてね♪

コドモノ!からパパ・ママが喜ぶ情報をお届けします。

新着記事

広告募集中 お気軽にお問い合わせください 詳しくはこちら