ホーム > 特集 > 1)スマートフォンに保存

1)スマートフォンに保存

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンで写真を撮影する方に最も手軽に保存できるのが、スマートフォン本体内に保存する方法です。写真はスマートフォンでしか撮影せず、年に数十枚程度しか撮影しないかたにお勧めする保存方法です。旅行などイベントがある時にしか撮影しない方はこれに該当します。
スマホ
写真をあまり撮らない人はこの中に保存で十分。

この保存方法の場合、撮影した写真はスマートフォンが自動的に整理・管理してくれるため特に行うことはありません。

ちょっとした小技として、SDカードを使えるスマートフォンの場合には保存場所をSDカードに変更しておくことで本体容量を節約することができます。
SDかード
安価なスマホは容量も小さいので積極的に活用しよう

注意点として、定期的に保存領域が減っていないか確認する必要があります。スマートフォンの保存領域はアプリや音楽でも消費されるので、きちんとチェックしておかないとシャッターチャンスの瞬間に「保存容量がありません」と表示される悲しい事態になってしまいます。

特にiPhoneなどSDカードが使えない製品の場合、本体メモリの残り容量に気をつけましょう。iPhoneの場合、ホームの「設定」から「一般」→「使用状況」と進んで、「ストレージ管理」の項目に使用可能領域が表示されます※バージョンによって場所はやや異なります。
iPhone設定
iPhoneでの設定

Androidで容量を確認をするには、設定画面から「ストレージ」を選ぶと空き容量の確認が出来ます※バージョンによって場所はやや異なります。
Android設定
Androidでの設定

《ママのためのデジタル写真データの保存法》
1)スマートフォンに保存
2)パソコンに保存
3)外付けハードディスクに保存
4)クラウドに保存
5)クラウド+外付けHDDで保存

この記事を書いたクリエイター
内川 功一朗

内川 功一朗(11記事)

写真整理アドバイザー。撮影から保存までデジタル写真の活用を幅広くサポートする「デジタル写真整理術専門家」として、テレビや雑誌などでデジタル写真の整理の必要性を説いている。

このライターの他の記事をみる

記事が気に入ったらいいねしてね♪

コドモノ!からパパ・ママが喜ぶ情報をお届けします。

広告募集中 お気軽にお問い合わせください 詳しくはこちら