ホーム > 特集 > 2)パソコンに保存

2)パソコンに保存

このエントリーをはてなブックマークに追加

■2)パソコンに保存

デジタル写真データの保存で多くの人にお勧めできるのが、パソコンに保存する方法です。今や一家に一台以上のパソコンが普及していますが、使いこなせばこれほど便利に、かつ、写真を楽しめる保存場所はありません。
パソコン
ハードルは高いがもっとも便利な保存場所

パソコンにはハードディスク、もしくはSSDと呼ばれるデータの保存場所があります。スマートフォンやタブレットと比べてたくさんの写真が保存できるので、写真をたくさん撮る人でも安心です。
また、パソコンにはスマートフォンやデジタルカメラ、ビデオカメラなど多彩な機器が接続できますし、スキャナで取り込めばフィルムカメラの写真も取り込むことが出来ます。つまり古いフィルムカメラから最新のデジタルカメラやビデオまで、パソコンならどんなカメラの写真も取り込めます。
マルチカメラ
カメラを選ばず保存が可能

パソコンでの保存にはいくつかの方法があります。その中で最もお勧めなのが、フォルダを活用した整理方法です。写真を日付毎にフォルダに保存し、そのフォルダの名前を日付+内容にすることで整理・整頓がしやすくなり古い写真を見つけやすくなります。
整頓されたフォルダ
フォルダで整理すればこのように見やすくなる

例えば2000年の正月の写真なら「20000101正月」となりますし、2010年8月14日の夏祭りの写真なら「20100814夏祭り」となります。このような名前にすることで、フォルダを撮影年月日順に並べられるようになりますし、内容をキーワードにして検索できるため写真が探しやすくなります。

注意点としては、パソコンの何処に保存するかを決めておかないとわからなくなってしまうことでしょう。Windowsの場合にはそれらのフォルダを「ピクチャ」フォルダに入れましょう。
ピクチャ
ピクチャフォルダは積極的に活用しよう

また、保存した写真が増えすぎるとパソコンの速度が遅くなる可能性があるため、写真をたくさん撮影される方はパソコンの保存領域の残り容量には気をつけましょう。

《ママのためのデジタル写真データの保存法》
1)スマートフォンに保存
2)パソコンに保存
3)外付けハードディスクに保存
4)クラウドに保存
5)クラウド+外付けHDDで保存

この記事を書いたクリエイター
内川 功一朗

内川 功一朗(11記事)

写真整理アドバイザー。撮影から保存までデジタル写真の活用を幅広くサポートする「デジタル写真整理術専門家」として、テレビや雑誌などでデジタル写真の整理の必要性を説いている。

このライターの他の記事をみる

記事が気に入ったらいいねしてね♪

コドモノ!からパパ・ママが喜ぶ情報をお届けします。

広告募集中 お気軽にお問い合わせください 詳しくはこちら