ホーム > 特集 > 2)ズームならコンパクトデジカメ

2)ズームならコンパクトデジカメ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 コンパクトデジカメは手軽に持ち運べ、バッテリー交換も簡単なのでたくさん写真を撮る場合にも安心なので旅行などで活躍するカメラです。最近の製品では高倍率のズームを備えているものも多く、レンズ交換無しに手元の食事から遠くの風景まであらゆる距離の撮影をすることができます。
望遠ズーム中
最近の製品では30倍以上の超望遠ズーム機種もある。

 そんなコンパクトデジカメを選ぶキーワードは「高倍率」「自撮り」「Wi-Fi」です。
 高倍率は20倍以上のズームができるものを選びましょう。望遠の倍率が高ければ遠くのものを大きくきれいに写すことができますし、接写でも大きく撮影することができます。
 背面の液晶が可動式のものであれば、きれいな画質で自撮りすることができます。スマートフォンで自撮りに対応しているものがありますが、風景などをバックにする場合ではやはり専用カメラできれいに写したいものです。
 Wi-Fi機能があれば、FacebookやLineに投稿するための写真をスマートフォンに送ることができます。スマートフォンでは写せなかった写真をコンパクトデジカメで撮影すれば、どんな写真も登校できるようになります。

そんな視点で選んだコンパクトデジカメが以下の3機種となります(※2015年11月現在)。

SONY サイバーショット DSC-WX500

Panasonic LUMIX DMC-TZ57
 
Nikon COOLPIX S9900 

《ママのためのデジタルカメラの選び方》
1)日々進化!スマホカメラ
2)ズームならコンパクトデジカメ
3)背景をボカすならミラーレス一眼
4)必ず写る!デジタル一眼レフ

この記事を書いたクリエイター
内川 功一朗

内川 功一朗(11記事)

写真整理アドバイザー。撮影から保存までデジタル写真の活用を幅広くサポートする「デジタル写真整理術専門家」として、テレビや雑誌などでデジタル写真の整理の必要性を説いている。

このライターの他の記事をみる

記事が気に入ったらいいねしてね♪

コドモノ!からパパ・ママが喜ぶ情報をお届けします。

広告募集中 お気軽にお問い合わせください 詳しくはこちら