ホーム > 特集 > ママのためのデジタルカメラの選び方

ママのためのデジタルカメラの選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真整理アドバイザー・デジタル写真整理術の内川功一朗です。

子供のいきいきとした表情を捉えるシャッターチャンス。
その時、そばにいる可能性が高いのはやはりママなのではないでしょうか。
カメラマンに撮影を頼むのももちろんいいのですが、日常の何気ない表情、イベントのリアルな雰囲気を撮影するために毎日カメラマンを呼ぶ訳にも行きません。一番いいのは、ママがカメラマンになってしまうことです。
一眼レフとミラーレス一眼

そこで今回は「ママのためのデジタルカメラの選び方」という趣旨で連載を行います。
デジタルが苦手、カメラについて勉強したことがないというママ達からよく「スマートフォンのカメラで充分なんじゃないの?」「背景ぼかした写真はどうしたら撮れるの?」「ミラーレス一眼と一眼レフってどう違うの?」などなどの質問をいtだきます。そんな疑問を解決するべく、デジタルカメラの選び方を解説します。

1)日々進化!スマホカメラ
スマートフォンは最も手軽で身近にあるデジカメで、年々性能も良くなってきています。
ただし写りの良さに最も重要な撮影素子が小さい製品が多く、さらにズームができない(できても粗くなる)、背景がボケない、形状的に手ぶれしやすいなどの弱点もあります。
ここでは選ぶ際のポイントも解説しています。

2)ズームならコンパクトデジカメ
スマホカメラではどうしても不満があれば、お勧めするのがコンパクトデジカメ。
特に望遠ズームはスマホカメラでは真似できない機能です。
コンパクトデジカメを選ぶキーワードは「20倍以上の高倍率」「自撮り」「Wi-Fi」です。

3)背景をボカすならミラーレス一眼
 カッコイイ写真を写したい。綺麗に撮影したい。でも、重いのは嫌!それならミラーレス一眼です。
デジタル一眼レフとコンパクトデジカメのいいとこ取りであるミラーレス一眼はカメラ女子にもお勧めできる高性能。
特に動画撮影もするのなら、デジタル一眼レフよりこちらがお勧めです。

4)必ず写る!デジタル一眼レフ
 カメラが趣味になってくると、最後に行き着くのがデジタル一眼レフ。
本格派のかっこよさだけでなく、撮影するための機能も素晴らしく、まさしく「プロの道具」です。
ただし弱点もありますし、何より高価なので選ぶ際には他のカテゴリの製品も踏まえて慎重に選びましょう。

この記事を書いたクリエイター
内川 功一朗

内川 功一朗(11記事)

写真整理アドバイザー。撮影から保存までデジタル写真の活用を幅広くサポートする「デジタル写真整理術専門家」として、テレビや雑誌などでデジタル写真の整理の必要性を説いている。

このライターの他の記事をみる

記事が気に入ったらいいねしてね♪

コドモノ!からパパ・ママが喜ぶ情報をお届けします。

広告募集中 お気軽にお問い合わせください 詳しくはこちら